レポート

【地方創生ベンチャーサミット2022 supported by KDDI~官民連携で「地方創生」をリードせよ!~】を開催しました!(後半)

皆さま、ご無沙汰しております!事務局スタッフの木村です。
2022年3月6日(日)に、熱ベンの一大イベントである『地方創生ベンチャーサミット2022 supported by KDDI~官民連携で「地方創生」をリードせよ!~』が開催されました🎉🎉

今年のサミットはリアル・オンラインのハイブリッド開催で、リアル会場は東京ミッドタウン日比谷 BaseQ、オンライン会場はYoutubeのライブ配信でした。(オンライン配信はアーカイブが残っており、本レポート下部のURLからご覧いただけます。セッションの詳細は、ぜひYoutubeからご視聴ください✨)

それでは、前半のレポートに続いて、後半の様子をレポートさせていただきます!

まずは、セッション4「さよなら『申請主義』自治体手続きはベンチャーがDXする時代」から!

申請の自動化の話や、DXに伴う個人情報の扱い方などに関するお話を伺いました。オンライン参加の方からご意見を頂いたり、会場にいらっしゃる方からご質問を頂いたり、このセッションも盛り上がりました!

次は、休憩を挟み、セッション5「自治体DX人材の必要性と育成ノウハウ」です。

DXはノーリスクハイリターンであるというお話や、浜松市の発想転換アイデアのお話、DX人材育成における課題のお話など、非常に興味深く、これも話を聞いていて楽しいセッションでした!✨

そして、最後のセッションは、セッション6「逆境を越えろ!V字回復した地方創生・ベンチャー企業」

代表取締役CEO・市長の方々から、新型コロナウイルス感染症をV字回復で乗り越えた過程を伺うという大変貴重なセッションでした。また、高島市長のお話の中で、社会が柔らかい”今”リスクを取る必要があるというお話は、非常に印象的でした!🌿

そして、全てのセッション終了後には、クロージングがありました!

今回のテーマは、”官民連携”。官のみでも民のみでも成し得ず、官民連携のために手を取り合って行動を起こしていくという必要性を改めて感じたサミットでした。高島市長からは、もっと自治体と地方創生に取り組むベンチャー企業が出てきてほしい!という熱いメッセージも頂きました🔥🔥

クロージング後も、ネットワーキングの時間がありました。
リアル開催ならではの魅力ですね!

以上で、『地方創生ベンチャーサミット2022 supported by KDDI~官民連携で「地方創生」をリードせよ!~』のレポート後半も終了です。当日レポートにお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました🎉
地方創生ベンチャーサミット2023や、熱ベンの他イベントにて、皆さんとまたお会いできることを大変楽しみにしております!

(会場の様子)

参加者の方から積極的に質問が飛び交いました。
当日の運営スタッフです。
サミットにご参加・ご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました!

(オンライン視聴URL)
<第1会場>
▼オープニング、基調講演、セッション2,4,6、クロージング会場はこちら

<第2会場>
▼セッション1,3,5会場はこちら