お知らせ

2021年7月5日

関係人口モデル事業・ワーケーション×スキルアップ講座のお知らせ

地域の取り組みや課題を理解しながら、船舶免許や狩猟免許の取得を目指す
ワーケーション×スキルアップ事業を行います。

これは、内閣府の令和3年度「中間支援組織の提案型モデル事業」として
行うもので、鹿児島県長島町と熊本県多良木町の2エリアで行います。
ワーケーションの実施は今秋を予定しておりますが、先んじて地域の
取り組みをしっていただくためのワーケーション×スキルアップ講座を
開催いたします。

講座のなかでは、地域の特徴やこれまでの取り組みを知ることで
ワーケーションに将来ご参加頂く可能性がある方とマッチングすることを
目的としています。
どなたでもお気軽に参加いただけますのでご参加ください。

当日の様子は、YouTubeでの配信も予定しております。是非リアルタイムでのご視聴をお願いします。

多良木町:
https://www.youtube.com/watch?v=N3-RErjK5fU
長島町:
https://www.youtube.com/watch?v=PgcwGp-ILF4

多良木町関係人口・スキルアップ講座
2021年7月16日 20:00~21:30

多良木町は、熊本県の南部に位置し、球磨川を挟んで豊かな森と里山、豊富にあふれる水と清廉な空気、点在する歴史的史跡にめぐまれた町です。
町が保有しているブルートレインを改装した多良木邸を多拠点コリビングサービス「ADDress」に登録し、全国からさまざまな人の受け入れを行っています。
多良木町では、狩猟資格の取得にむけての講座と鳥獣被害対策の取り組みをワーケーション期間中に学ぶ予定です。開催時期は、狩猟期間の11月以降を予定しています。講座では数多くの官民連携を実践している、たらぎまちづくり推進機構の栃原誠さんにご登壇いただきます。

◆日時
2021年7月16日(金) 20:00~21:30
※申込締切 7月14日(水) 23:59

◆プログラム
・熱意ある地方創生ベンチャー連合の取り組み紹介
・ワーケーション受け入れプログラムのご紹介
・一般財団法人たらぎまちづくり推進機構 の取り組み紹介

◆ワーケーション受け入れ時期
2021年11月~12月を予定

【ゲストスピーカー】
栃原 誠
一般財団法人たらぎまちづくり推進機構
業務執行理事COO

【経歴】 1995年多良木町役場入庁。
下水道、健康保険、総務、税務と様々な業務を経験。
2018年より企画観光課に地方創生推進係が新設され、同時に同係長として配属。地方創生推進交付金事業を中心に活動しながら、積極的に都市部の企業へアプローチを行い、様々な企業連携を実現してきた。
また、多良木町ファンを創出するために定額で全国住み放題の多拠点移住サービスと事業連携し、自ら家守となり多良木町と様々な人材を繋げ、交流・関係人口の最大化を推進している。多良木町出身、多良木町在住。ご参加はこちらからご登録ください。


ご登録いただきますと、当日の講座のZOOM・URLをご連絡させていただきます。
https://forms.gle/WkRHYc4CyUV7sQtRA

長島町関係人口・スキルアップ講座
2021年7月30日 20:00~21:30

長島町は鹿児島県の北西部に位置し、温暖な気候と青く美しい海岸線に恵まれた町です。日本一の生産量を誇るぶり養殖があり、海の恵みを生かしたまちづくりを進めています。長島町では、ワーケーション期間中に小型船舶免許の取得をし海の環境保全や、漁業水産業の取り組みを学ぶ予定です。開催時期は、10月を予定しています。
講座では地域商社として活動をしている長島未来企画合同会社の甲斐友也さんにご登壇いただきます。

◆日時
2021年7月30日(金) 20:00~21:30
※申込締切 7月28日(水) 23:59

◆プログラム
・熱意ある地方創生ベンチャー連合の取り組み紹介
・ワーケーション受け入れプログラムのご紹介
・長島未来企画合同会社の取り組み紹介

◆ワーケーション受け入れ時期
2021年10月を予定【ゲストスピーカー】
甲斐友也
長島未来企画合同会社
代表社員

【経歴】1993年 大分別府生まれ
鹿児島大学への進学をきっかけに、鹿児島へ
在学中に長島に惚れ、そのまま移住を決める。
地域おこし協力隊を経て現職。
生産現場のリアルと生産者のストーリーを丁寧に記録した、長島大陸食べる通信の元編集長。
古民宿をリノベーションした「あさひや」にて、コミュニティデザインと食堂運営。ご登録いただきますと、当日の講座のZOOM・URLをご連絡させていただきます。

ご参加はこちらからご登録ください。https://forms.gle/ZoYqUikKL8eDgehj6

詳しくみる

2021年6月30日

7月13日〜14日・会津スタディーツアーのご案内

7月13日〜14日に福島県の会津地域にて、地方拠点・ワーケーション拠点の 可能性を探る1泊2日の「会津スタディーツアー」を開催いたします。

今回中心となるのは、磐梯町と会津若松市です。

磐梯町はデジタル技術を用いた抜本的な改革(DX)を行うべく、 全国初「自治体最高デジタル責任者」を設置し、町のデジタル変革を推進する仕組みづくり、 マイナンバーカードの世帯普及率100%を目指しています。

また、地域おこし企業人交流プログラム(現:地域活性化起業人)を活用するなど、 民間企業のノウハウや経営感覚を取り入れ、課題解決を図る取り組みも行っています。

会津若松市はICT技術や環境技術を活用し、将来に向けて持続力と回復力のある
力強い地域社会とすべく、スマートシティ実現の取り組みに力を入れています。
集積拠点「スマートシティAiCT(アイクト)」にはIT関連企業が続々と進出してきており、様々な実証実験が進められています。

このほかにも活躍する企業や団体が多数あり、現地のプレイヤーの動きが活発で、 先進的な技術や仕組みの取り込みに前向きな地域です!

当日は現地の首長や職員をお招きして、現在行われている取り組みや これまで実現してきた地方創生の事例についてお話しいただくほか、 現地の課題を共有いただき、地域のプレイヤーを交えて会津地域での地方創生を考えます。

このほか、会津地域に滞在したくなるような食事や現地でなければ経験することのできない アクティビティもご準備しております!

また、今回に限り、会員企業様以外の方でも会員様のご紹介であればお申し込みいただけます。

この機会にぜひご参加ください!

【お申し込みはこちら】

→緊急事態宣言の発出を受け、延期となりました。

詳しくみる