COMING SOON

COMING SOON

2015年に地方創生という種(シード)が植えられました。
人口減少や東京一極集中という全国的な課題と、
活動の担い手不足や経済活動の縮小といった地域的な課題が、
その背景にありました。
そうした課題意識に一番敏感だった自治体は、
ベンチャー企業に注目しました。
地域の中で起業の機会や環境を作る、
あるいは地域に呼び込む魅力作りやその発信を行ってきたのが、
スタートアップ都市推進協議会(スタ協)加盟自治体でした。
一方で、ベンチャーによるイノベーションこそが
地方創生の鍵となると信じた企業が集まってできたのが
熱意ある地方創生ベンチャー連合(熱ベン)でした。
この両者が繋がることで、地方創生の鍵は
「良質で戦略的な官民連携」にあることが明らかになってきました。
2022年、設立から7年目を迎え、地方創生の種は芽吹き、
コロナ禍が吹き荒れる中でも、あるものはより高く、
あるものはより広く、成長しています。
その姿を「課題提起」「事業創出」「事例紹介」といった形で、
深掘りしていきます。

2015年に地方創生という種(シード)が
植えられました。
人口減少や東京一極集中という全国的な課題と、
活動の担い手不足や経済活動の
縮小といった地域的な課題が、
その背景にありました。
そうした課題意識に一番敏感だった自治体は、
ベンチャー企業に注目しました。
地域の中で起業の機会や環境を作る、あるいは
地域に呼び込む魅力作りやその発信を
行ってきたのが、スタートアップ都市推進協議会
(スタ協)加盟自治体でした。
一方で、ベンチャーによるイノベーションこそが
地方創生の鍵となると信じた企業が
集まってできたのが熱意ある
地方創生ベンチャー連合(熱ベン)でした。
この両者が繋がることで、地方創生の鍵は
「良質で戦略的な官民連携」にあることが
明らかになってきました。
2022年、設立から7年目を迎え、
地方創生の種は芽吹き、
コロナ禍が吹き荒れる中でも、
あるものはより高く、あるものはより広く、
成長しています。
その姿を「課題提起」「事業創出」「事例紹介」
といった形で、深掘りしていきます。

動画配信ページはこちら

SPEAKER

\ 登壇者は順次公開していきます。/

登壇者は決定次第
紹介していきます