レポート

勉強会 浜松市×静岡銀行×熱ベン「地域金融機関と行政の連携による ”ベンチャー×地方創生”の実現方法を学ぶ!」を開催しました


10月25日(月)Zoomにて勉強会 浜松市×静岡銀行×熱ベン「地域金融機関と行政の連携による ”ベンチャー×地方創生”の実現方法を学ぶ!」を開催しました。ご参加・ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。

第1部では、静岡銀行 経営企画部 ベンチャービジネスプロジェクトチーム担当部長 大杉幸弘 さんにご登壇いただき、静岡銀行の取り組みについてお話いただきました。

地方銀行初!? シリコンバレーに駐在事務所を開設し、情報を現地で吸収して、地域に還元する仕組みをご紹介いただきました。行員の方が3名も現地にいらっしゃるそうです!

このほか、次世代経営者塾「Shizuginship」や首都圏スタートアップと静岡県内企業のマッチンフェア「TECH BEAT Shizuoka」など人材育成や産業活性化の取り組みをご紹介いただきました。

第2部では、浜松市 産業部次長兼スタートアップ推進課長 江馬正信 さんにご登壇いただき、浜松市の取り組みについてお話しいただきました。

各スタートアップのステージに合わせたサポートや事業を準備されているという点が大変魅力的ですね!これまでベンチャー企業やものづくり企業からのヒアリングをしてきた上でこのような仕組みになったそうです。

このほかにも、ベンチャー企業との協業やサポートの具体事例をご紹介いただきました。やらまいか(「とにかくやってみよう」「やろうじゃないか」)精神のあふれる浜松市ならではの挑戦ができそうですね!


第3部では、静岡銀行 大杉さん、浜松市 江馬さん、熱ベンの吉田代表の3名でトークセッションを行いました。
・それぞれの感じている危機感
・ベンチャー企業と地域の企業が接する意義
・ベンチャーへのサポートの充実
・今後の繋がりやドアノックの仕方 などのお話をいただきました!

YouTubeでアーカイブを残しておりますので、ぜひご覧ください。
▼YouTube URLはこちら
https://youtu.be/Y0ARO0mamZw

次回は11月に勉強会を開催予定です!みなさまお楽しみに。