レポート

2021年6月28日

関係人口モデル事業現地協議に行っていました

6/23-25にかけて、熱意ある地方創生ベンチャー連合事務局で、関係人口創出・拡大のための中間支援モデル構築に関する調査・分析業務(以下、関係人口モデル事業)の現地視察のために、鹿児島県長島町と熊本県多良木町に行ってきました。

この事業では、現地の受け入れする団体と協力し、ワーケーションの実施期間中に資格取得と地域の取り組みへの理解を深めるプログラムとなります。

多良木町・関係人口講座
7月16日(金)20時〜21時30分

長島町・関係人口講座
7月30日(金)20時〜21時30分

にてオンラインでプロジェクトの概要と地域の取組を事前に紹介させていただきます。

どなたでも参加できるのでぜひご参加ください。

詳しくみる

2021年6月7日

勉強会「自治体に提案してみよう(実践型勉強会)〜豊橋市」を開催しました

勉強会「自治体に提案してみよう(実践型勉強会)〜豊橋市」

6月1日(火)にZoomにて勉強会「自治体に提案してみよう(実践型勉強会)〜豊橋市」を開催し、約30名の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

当日はUrban Innovation Japan(UIJ)代表の吉永隆之さんより、UIJやその取り組みについてお話しいただきました。UIJは日本全国の自治体の課題とスタートアップ・民間企業をマッチングするオープンイノベーション・プラットフォームです。

地域課題の具体的な内容や課題を取り巻く現状といった情報は意外とどこにも掲載されていないという点に着目し、必要な情報やデータをわかりやすく、またポイントを整理して掲載されています。(https://urban-innovation-japan.com/#projects

自治体とスタートアップ・民間企業のつなぎ方や、進め方にもこだわりがあり、スピード感がある一方で丁寧な調整に入ってもらえる点が両者にとって嬉しいポイント。また、この申し込みには紙も印鑑も不要という、対行政ではビックリなお手軽申請ができるところも魅力ですよね!

後半では、豊橋市の担当職員よりこれまで実証実験を行い、事業につながった事例についてお話しいただきました。その後、今回のテーマ課題についての詳しい説明をいただき、課題ごとのブレイクアウトルームで、より詳細についてお尋ねしたり、提案に対する印象を伺ったりしながら、議論を深めました。

グループワークで取り組んだ課題の一例

参加者からは「行政の窓口にリーチすることは難しいので、このような機会があると有難いです」「自治体の方と接触する機会は貴重でした」というコメントをいただきました。今後さらにグループワークを充実させ、勉強会をグレードアップしていきます!

次回は7月2日(金)に別府市職員をお招きして勉強会を行います。9月実施予定の「別府市スタディーツアー」に先立ち、別府市の取り組みや別府市の課題についてお話しいただき、担当職員を交えたワークを行います。

詳しくみる