お知らせ

2021年6月30日

7月13日〜14日・会津スタディーツアーのご案内

7月13日〜14日に福島県の会津地域にて、地方拠点・ワーケーション拠点の 可能性を探る1泊2日の「会津スタディーツアー」を開催いたします。

今回中心となるのは、磐梯町と会津若松市です。

磐梯町はデジタル技術を用いた抜本的な改革(DX)を行うべく、 全国初「自治体最高デジタル責任者」を設置し、町のデジタル変革を推進する仕組みづくり、 マイナンバーカードの世帯普及率100%を目指しています。

また、地域おこし企業人交流プログラム(現:地域活性化起業人)を活用するなど、 民間企業のノウハウや経営感覚を取り入れ、課題解決を図る取り組みも行っています。

会津若松市はICT技術や環境技術を活用し、将来に向けて持続力と回復力のある
力強い地域社会とすべく、スマートシティ実現の取り組みに力を入れています。
集積拠点「スマートシティAiCT(アイクト)」にはIT関連企業が続々と進出してきており、様々な実証実験が進められています。

このほかにも活躍する企業や団体が多数あり、現地のプレイヤーの動きが活発で、 先進的な技術や仕組みの取り込みに前向きな地域です!

当日は現地の首長や職員をお招きして、現在行われている取り組みや これまで実現してきた地方創生の事例についてお話しいただくほか、 現地の課題を共有いただき、地域のプレイヤーを交えて会津地域での地方創生を考えます。

このほか、会津地域に滞在したくなるような食事や現地でなければ経験することのできない アクティビティもご準備しております!

また、今回に限り、会員企業様以外の方でも会員様のご紹介であればお申し込みいただけます。

この機会にぜひご参加ください!

【お申し込みはこちら】

→緊急事態宣言の発出を受け、延期となりました。

詳しくみる